商品情報データベースと連携・連動した自動組版

HOME  コンテンツ企画制作  サービス  商品情報データベースと連携・連動した自動組版

総合カタログなど商品掲載点数の多いカタログの場合、従来型の手動組版・校正フローで制作すると校正・修正回数が増え、効率化がなかなか実現しません。またそれらにかかる人員の負担やコストも大きな課題となっています。

これらの課題を解決し効率化を図るためには、商品情報をデータベース化し、データベースと連携した自動組版フローでの制作が有効です。
 
当社は、商品情報をデータベース化するための情報整理・データベース化・ExcelやCSV、DBからはき出したXMLなどのデータとInDesignを連携させた自動組版を永年手がけており、得意としております。

お客様の要件や課題に応じた、DB構築から制作までの制作ソリューションをご提案します。

こんな課題をお持ちのお客様にご提案します

  • カタログ制作の作業時間とコストを圧縮したい
  • カタログ制作後のデータのメンテナンス管理を手軽に行いたい
  • DB内の商品コードや価格などの商品情報を使って自動組版できないか?
  • 目次や索引を自動作成したい
  • 印刷用データとWeb用データを同時に作りたい

データベースと連携した総合カタログの制作フロー例

  • 入稿・初校

    1. 原稿整理
    2. 自動組版詳細
    3. マッチングリスト照合詳細
    4. 制作
    5. 校正
    6. 納品
  • 再校

    1. 修正
    2. 校正
    3. 納品
  • 三校

    1. 修正
    2. サプライヤー校正詳細
  • 校了

    1. 修正
    2. 索引抽出詳細
    3. 校正
    4. 納品
  • 二次活用

    1. 商品マスタのデータ抽出詳細
    2. 画像切り出し詳細

作業フロー内の自動処理について

  • コマ/表組みを自動組版

    CSVデータをInDesignのフォーマットに自動で流し込みます。組版が終了したら、オペレーターがチェックし、見やすいように細部の体裁を整えます。

    フロー例に戻る

  • サプライヤー宛に送る校正PDFの準備作業

    サプライヤーに校正PDFを送付する際の一連の準備を自動で行います。
    該当商品が掲載されているページを、商品コマごとに自動分割し、指定ファイル名を付けます。個別に作成したサプライヤーのフォルダに、切り出したコマPDFを収集します。これで送る準備が整いました。

    フロー例に戻る

  • Webサイト用画像の切り出し

    校了PDFまたはInDesignデータから、必要な画像を切り出します。画像形式、ピクセル数、背景処理等、指定ルールで処理し、切り出し、指定ファイル名を付けるまでを自動で処理します。

    フロー例に戻る

お問い合わせフォーム

    お問い合わせ内容必須
    会社名必須
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須 メールアドレスのない方は、お電話で直接お問い合わせください。※内容に間違いがないか今一度ご確認ください
    メールアドレス
    (確認用)必須
    ご要望・ご質問
    個人情報保護方針必須

    フォームから情報を送信する前に こちら をご一読の上、ご同意いただける場合は「同意する」にチェックしてください。

    ページTOPへ er(); ?>