DBと連携・連動した自動組版

データベースと自動組版システムを連携させることで、
販促素材が一元管理され、商品情報の更新も容易になります。
膨大な商品情報を扱う総合カタログなどの制作効率がアップします。

HOME  コンテンツ企画制作  サービス  DBと連携・連動した自動組版

データベースと連携した自動組版

総合カタログなど、大量ページを扱う厚物カタログを制作する場合、膨大な情報を掲載するため、従来型の制作フローでは、商品情報が最新かどうかの確認作業や校正に手間どり、効率化がなかなか実現しません。またそれらにかかる人員の負担やコストも大きな課題となっています。

これらの課題を解決し、効率化を図るには、商品情報素材をデータベース化し、連携・連動した自動組版を行うことが必須です。データベースと連携/連動の自動組版を導入することで、販促素材が一元管理でき、制作ワークフロー標準化することで、作業効率や商品情報の管理が格段にアップします。
もちろんWebなど多チャネルへの展開も容易になります。
 
当社はDB構築時の商品情報の整理からExcelやCSV、DBからはき出したXMLなどのデータとInDesignを連携させた自動組版を多数手がけており、得意としております。
お客様の要件や課題に応じて、DB構築から制作まで一元化した制作ソリューションをご提案します。

こんな課題をお持ちのお客様にご提案します

  • カタログ制作の作業時間とコストを圧縮したい
  • カタログ制作後のデータのメンテナンス管理を手軽に行いたい
  • DB内の商品コードや価格などの商品情報を使って自動組版できないか?
  • 目次や索引を自動作成したい
  • 印刷用データとWeb用データを同時に作りたい

DBと連携した総合カタログの制作フロー例

  • 入稿・初校

    1. 原稿整理
    2. 自動組版詳細
    3. マッチングリスト照合詳細
    4. 制作
    5. 校正
    6. 納品
  • 再校

    1. 修正
    2. 校正
    3. 納品
  • 三校

    1. 修正
    2. サプライヤー校正詳細
  • 校了

    1. 修正
    2. 索引抽出詳細
    3. 校正
    4. 納品
  • 二次活用

    1. 商品マスタのデータ抽出詳細
    2. 画像切り出し詳細

フロー内の自動処理について

  • コマ/表組みの自動組版

    CSVデータからフォーマットに流し込みます。自動組版後はオペレーターが細部の体裁を整えます。

    フロー例に戻る

  • サプライヤー校正

    サプライヤーにPDF校正を送付する作業の自動化です。商品掲載ページを自動分割し、指定ファイル名を付けてサプライヤーごとのフォルダにPDFを収集します。

    フロー例に戻る

  • Webサイト用画像切り出し

    印刷用校了PDFまたはInDesignデータから、Webブラウザ(画像形式、ピクセル数、背景処理等)の仕様に合わせて切り出し、指定ファイル名を付けるまでを自動処理します。

    フロー例に戻る

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

03-3231-7571

受付時間 平日9:00〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ

ページTOPへ