コンテンツデータの再利用

既存資産である各種コンテンツデータ、
商品画像、カタログ、雑誌、教材などを
再利用するためのサービスをご提供します。

HOME  コンテンツ企画制作  サービス  コンテンツデータの再利用

データを有効活用するために

元データの検証と自動化ツール作成サービス

既存のコンテンツデータを別のデータに再利用して有効活用したい、1つのソースデータを複数のメディアで使いたい、そういったご要望を日々承っております。

例えばメーカーの「総合カタログ」などの年次モノは、前年度データを流用して、デザインフォーマットのリニューアル、商品の大量入れ替えや並べ替えが行われることがほとんどです。このように毎年改訂されていく段階で、複数の異なる制作会社を経て作られたスタイルが100、200と増えていき、だんだんと標準化されていない、つまり自動化が難しいデータに変化していきます。それによって自動化処理ができる部分も手作業に頼らざるを得なくなり、無駄な作業時間とコストが発生してしまいます。

また、旧バージョンのデータを新バージョンにコンバートするという一見簡単に見える作業も、検証せずに単にコンバートすると後々トラブルになるケースが多々あります。

当社はこのようなトラブル回避及び自動化推進のために、支給いただいたデータについては、実作業に入る前にデータ検証チェック工程を設けております。
その上で、お客様のご要望を満たす最適な制作方法をご提案致します。

以下は、大型カタログの前年度版データを使って、今年度版を制作する場合のInDesignデータの検証フローです。


サービスの基本フロー

  1. データの検証

    使用フォント、スタイルの作り方、重複スタイル、レイヤーの使われ方、マスターデータの適用、表組みやコマデータの作り方などについて、熟練オペレーターが入念に調べます。その上で、過去の経験から蓄積されたノウハウを元に、データ不備やトラブルになりそうな項目をまとめ、お客様に提出します。

  2. 検証結果に基づいた自動化提案

    効率化を図るために自動化できる部分はできるだけ自動化のご提案をします。自動化をスムーズに行うには、元となるデータの規則性が必要です。
    検証したデータで自動化に不都合な部分があれば、データの修正や組み直しが必要となる場合があります。

  3. リユース実作業

    作業要件に合わせてスクリプトを作成し、実作業を致します。非定型の体裁を整える等、手作業で行うべき作業は手作業で行います。

  4. データのマッチング

    作業前PDFと作業後PDFがほぼ同じ体裁であれば、デジタル校正による差分チェックをします。
    エクセルなどから商品情報データを自動流し込みをした場合は、きちんと配置されたか? データを抜き出して新旧の検証を行います。

    マッチング結果は、エクセルなどの一覧表でご覧いただけます。

データの再利用でこんなお困りごとがあれば、まずはご相談ください。

  • IllustratorデータをInDesignデータにコンバートしたい
  • 旧バーションで作成したInDesignデータを新バーションにコンバートしたい
  • InDesignデータから画像とテキストを抽出して商品情報データベースに入れたい
  • InDesignデータのリンク画像やテキスト抽出してWeb用データに加工したい
  • PDFからルビ付きテキストを抽出して、InDesignでレイアウトして欲しい
  • 活字や手書きの古い紙文書をデジタル化して、アーカイブしたい
  • 大量PDFからテキスト抽出して、構造化文書に変換したい

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

03-3231-7571

受付時間 平日9:00〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ

ページTOPへ