制作現場の悩みを解決するために作られた

DTP制作プロジェクト管理システムEDS[echo dtp solution]

HOME  コンテンツ企画制作  コンテンツ制作支援システム/製品  EDS

EDSの特長

制作時の人的ミスをなくしたいとの想いから自社開発し、自社の現場で運用を重ねながら改善を続け製品化されたシステムです。
お客様の制作フローに合わせ、カスタマイズしてご提供致します。

  • ファイル管理は
    すべて自動化

    ファイル管理はシステム側で行うためデータの取り違えは起きません。

  • Webブラウザ
    で進捗を共有

    Webブラウザから最新の制作状況が確認できます。

  • オペレーターごとの
    作業時間や
    ジョブのログを管理

    ミスの原因究明や調査分析に利用できるほか、類似案件の納期予測は容易に算出できます。

  • 実績情報を
    個別原価管理に
    利用可能

    制作案件ごとの作業時間の累計から原価管理が行えます。

こんな課題をお持ちの企業様におすすめです

  • 先祖返りなどの
    人的ミスが
    なくならない

  • ファイルが営業所
    ごとに個別管理のため、
    在版データの検索が大変

  • 受注から請求まで
    トータルに
    管理したい

  • 顧客への
    送稿連絡や進捗報告は
    メールで行っている

EDSの機能

  • point

    ファイル管理

    ファイルのバージョン管理はシステムがすべて行います。作業オペレーターも作業ファイル以外はサーバーから取り出せない仕組みですので、ファイルの取り違えによる「先祖返り」は起きません。

  • point

    進捗管理

    Webブラウザ上で進捗が随時確認できますので、営業、作業スタッフ、協力会社、お客様と同時に進捗を共有できます。閲覧者ごとの権限設定やパスワードの設定も可能です。

  • point

    実績管理

    システムが受注情報やオペーレータの作業時間などを記録します。これらの情報は、オペレーターの作業効率の分析や生産管理における原価管理にも利用できます。

EDSの 作業フロー例

当社制作現場では、すべての案件についてEDSを使って管理のシステム化を行っています。
EDS の導入以来、先祖返りは「ゼロ」となっています。

  • 入稿

    受注情報入力/原稿データアップロード

    管理課で内容の確認や原稿整理後、EDSに受注情報を登録し、入稿データをアップロードし、制作課に作業指示を行います。

  • 制作準備

    担当オペレーターを登録

    制作課のリーダーがDTP作業を担当するオペレーターをシステムに登録します。この登録によりオペレーターとジョブが紐づき、自分の担当ジョブのデータだけがアクセス可能となります。

  • 制作開始

    チェックアウトし、データダウンロード

    オペレーターがEDS にチェックアウトして担当ジョブのフォルダから自分のPCにダウンロードします。

  • 制作終了

    チェックインし、データアップロード

    アップロード終了と同時にオペレーターの作業PCにあるデータはすべて自動削除されます。これにより同様のファイルが複数存在することがなくなり、ファイルが先祖返りを起こすことはありません。

お問い合わせフォーム

DTP制作プロジェクト管理システムEDSへのお問い合わせ

お問い合わせ内容必須
会社名必須
部署
役職
お名前必須
フリガナ必須
電話番号必須
メールアドレス必須 メールアドレスのない方は、お電話で直接お問い合わせください。※内容に間違いがないか今一度ご確認ください
必須
ご要望・ご質問
個人情報保護方針必須

フォームから情報を送信する前に こちら をご一読の上、ご同意いただける場合は「同意する」にチェックしてください。

送信完了

ページTOPへ